育毛剤の医薬品・医薬部外品・化粧品の違い

医薬品・医薬部外品・化粧品の違い

 

 

「育毛剤」とはいっても、医薬品・医薬部外品・化粧品が存在します。
いずれも、薬事法という法律によって分類されています。それらの違いについて説明しましょう。

 

 

医薬品

 

医薬品は、文字通り「薬」で、治療や予防が目的で使われるものです。厚生労働大臣が効果があると認可したもので、効果・効能を明確に記載することができます。医薬品には、医師の処方箋が必要な医療用医薬品と薬局・薬店で購入できる一般医薬品があります。

 

医薬品の育毛剤の場合、「治療が必要」と判断された際に使うものであり、副作用の恐れがあるので、医薬品の育毛剤を購入する際は、医師や薬剤師、頭皮・毛髪の専門家に相談してください。

 

 

医薬部外品

 

育毛剤の医薬品・医薬部外品・化粧品の違い

医薬部外品は、医薬品ではないけれどそれに準ずるものです。薬事法によると、厚生労働大臣が指定した「人体に対する作用が緩和な物」と定められています。治療用ではないので効果効能は穏やかですが、商品に記載することができます。効果効能が穏やかなので、長期間使用することができます。

 

医薬部外品の育毛剤を選ぶ場合、効果が緩やかなため、少なくとも半年から1年くらい継続することをおすすめします。毎日使うものですから、香りやべたつかないなどの使用感、やさしい自然由来の成分であることなど、続けられるものを選びましょう。

 

 

 

化粧品

 

化粧品は、医薬品・医薬部外品以外のもので、人体への作用が緩和なものを指します。化粧品は主に、身体を清潔に保つ、美化する、容貌を変える、皮膚や毛髪をすこやかに保つため身体に使用することが目的とされています。保湿以外の効果効能は記載できません。パッケージに書かれた成分表示を見て、自分で判断する必要があるでしょう。

 

 

いずれの育毛剤にせよ、自身の頭皮に合う・合わないがあります。異常が起きたら、すみやかに使用を中止し、医師の診察を受けることをおすすめします。

 

 

>>ベルタ育毛剤の公式サイトはこちら